HOME > 個別原価計算 >

 

単一基準配賦法による部門別個別原価計算

部門別個別原価計算は、部門別計算を行う個別原価計算です。

ここでは、単一基準配賦法による部門別個別原価計算の具体的な計算について解説します。

計算の前提

甲社は、部門別個別原価計算を採用しています。

期首仕掛品

前期末に未完成であった仕掛品の内容は以下の通りです。

期首仕掛品内訳

当期の原価資料

当期は、製造指図書No.#001~#008の作業を行いました。指図書別の直接材料庫出高、直接作業時間、機械作業時間は以下の通りです。

指図書別の材料庫出高、直接作業時間、機械作業時間

直接材料費

製品の製造には、A材料とB材料の2種類を消費しています。各材料の実際価格は以下の通りです。

  1. A材料=20円
  2. B材料=10円

直接労務費

現場作業員の実際平均賃率は、400円/時間です。

直接経費

#005の外注加工賃は、1,000円でした。

製造間接費

甲社の製造部門には第1部門と第2部門があり、補助部門として修繕部門を設定しています。

各部門の部門個別費は以下の通りです。

  • 第1部門=20,000円
  • 第2部門=15,000円
  • 修繕部門=5,000円

部門共通費は、10,000円発生し、以下の割合で各部門に配賦します。

  • 第1部門=45%
  • 第2部門=30%
  • 修繕部門=25%

修繕部門費は、修繕時間を基準に直接配賦法により製造部門に配賦します。各製造部門の修繕時間は以下の通りです。

  • 第1部門=550時間
  • 第2部門=200時間

各製品への製造間接費の配賦は、第1部門は実際直接作業時間、第2部門は実際機械作業時間を基準に行っています。

製造間接費は予定配賦しており、第1製造部門の予定配賦率は130円/直接作業時間、第2製造部門の予定配賦率は100円/機械作業時間です。

期末仕掛品

#007と#008は、当期末時点で未完成です。

原価計算表の作成

個別原価計算で、各製品原価を集計する際は、以下のような原価計算表を作成します。

原価計算表

前期繰越高

原価計算表の前期繰越高には、前期末に未完成であった製造指図書No.#001、#002、#003の前期末残高を記入します。

  • #001=2,300円
  • #002=2,900円
  • #003=4,300円

直接材料費

直接材料費は、A材料費とB材料費の2種類があるので、それぞれの実際発生額を各指図書別に計算します。

A材料費

  • #003=20円×15個=300円
  • #004=20円×50個=1,000円
  • #005=20円×55個=1,100円
  • #006=20円×70個=1,400円
  • #007=20円×50個=1,000円
  • #008=20円×30個=600円

B材料費

  • #003=10円×10個=100円
  • #004=10円×40個=400円
  • #005=10円×50個=500円
  • #006=10円×60個=600円
  • #007=10円×35個=350円
  • #008=10円×20個=200円

直接労務費

直接労務費は、各製造指図書別に実際賃率を実際直接作業時間に乗じて計算します。

  • #001=400円×20時間=8,000円
  • #002=400円×15時間=6,000円
  • #003=400円×5時間=2,000円
  • #004=400円×50時間=20,000円
  • #005=400円×60時間=24,000円
  • #006=400円×80時間=32,000円
  • #007=400円×5時間=2,000円
  • #008=400円×8時間=3,200円

直接経費

直接経費は、製造指図書#005の外注加工賃1,000円だけです。

製造間接費

製造間接費は、各製造指図書別に第1部門は実際直接作業時間、第2部門は実際機械作業時間にそれぞれの予定配賦率を乗じて計算します。

第1部門

  • #001=130円×20時間=2,600円
  • #002=130円×15時間=1,950円
  • #003=130円×5時間=650円
  • #004=130円×50時間=6,500円
  • #005=130円×60時間=7,800円
  • #006=130円×80時間=10,400円
  • #007=130円×5時間=650円
  • #008=130円×8時間=1,040円
  • 第1部門費合計=31,590円

第2部門

  • #001=100円×10時間=1,000円
  • #002=100円×10時間=1,000円
  • #003=100円×4時間=400円
  • #004=100円×35時間=3,500円
  • #005=100円×40時間=4,000円
  • #006=100円×60時間=6,000円
  • #007=100円×3時間=300円
  • #008=100円×5時間=500円
  • 第2部門費合計=16,700円

したがって、製造間接費予定配賦額の合計は48,290円になります。

  • 31,590円+16,700円=48,290円

製造原価の計算

以上より、当期の直接材料費、直接労務費、直接経費、製造間接費は以下のようになります。

  • 直接材料費=7,550円
  • 直接労務費=97,200円
  • 直接経費=1,000円
  • 製造間接費=48,290円
  • 当期総製造費用=154,040円

完成品原価

当期は、指図書No.#001から#006まで完成したので、完成品原価は153,700円になります。

  • #001=13,900円
  • #002=11,850円
  • #003=7,750円
  • #004=31,400円
  • #005=38,400円
  • #006=50,400円
  • 完成品原価=153,700円

期末仕掛品原価

当期末に指図書No.#007と#008が未完成なので、期末仕掛品原価は9,750円になります。

  • #007=4,300円
  • #008=5,540円
  • 期末仕掛品原価=9,840円

部門費の計算

部門別計算では、製造間接費の実際発生額を計算するために以下のような部門費計算表を作成します。

部門費計算表

部門共通費の配賦

部門共通費10,000円は、第1部門に45%、第2部門に30%、修繕部門に25%の割合で配賦します。

  • 第1部門=10,000円×45%=4,500円
  • 第2部門=10,000円×30%=3,000円
  • 修繕部門=10,000円×25%=2,500円

したがって、部門個別費と部門共通費を合計した各部門費は以下のようになります。

  • 第1部門=23,000円+4,500円=27,500円
  • 第2部門=12,000円+3,000円=15,000円
  • 修繕部門=5,000円+2,500円=7,500円

補助部門費の配賦

修繕部門費は、修繕時間を基準に製造部門に配賦します。

  • 配賦基準単価=7,500円/(550時間+200時間)=10円/時間
  • 第1部門への配賦額=10円×550時間=5,500円
  • 第2部門への配賦額=10円×200時間=2,000円

製造部門費

各製造部門費は、部門費個別費と共通費の合計額に補助部門費配賦額を加算した金額になります。

  • 第1部門費=27,500円+5,500円=33,000円
  • 第2部門費=15,000円+2,000円=17,000円

製造間接費配賦差異

製造間接費配賦差異は、各製造部門の予定配賦額と実際発生額との差として計算します。

  • 第1部門費=31,590円-33,000円=-1,410円(不利差異)
  • 第2部門費=16,700円-17,000円=-300円(不利差異)

スポンサード リンク