HOME > 損益会計 > 損益会計と資産会計との関係

 

損益会計と資産会計との関係

損益会計は、純資産の増減原因を明らかにするものです。純資産の増減は、資産の増減と関わっているので、損益会計は資産会計とも密接に結びついています。

例えば、家賃収入があり、それを現金で受け取った場合には、受取家賃という収益が発生し、現金という資産が増加します。また、従業員に給料を現金で支給すると、給与という費用が発生し、現金という資産が減少します。

他にも商品を販売し現金を受け取った場合には、売上という収益が発生し現金という資産が増加します。その反対に商品という資産が減少し、売上原価という費用が発生します。

このように損益会計は、資産の増減という事実を収益費用の発生という原因でとらえるものといえます。


スポンサード リンク