HOME > 損益会計 > 損益の認識と測定 > 現金主義会計 > 半発生主義

 

半発生主義

現金主義は、現金の収支があった時点で損益を認識するという点で期間損益計算の観点から好ましくないとされます。この現金主義の限界を克服するために採用されたのが半発生主義です。

半発生主義は権利義務確定主義ともいわれ、現金収支をもって損益計上の基礎とするのではなく、これに加えて売掛金、受取手形、未収入金といった将来受け取るべき現金収入の発生や買掛金、支払手形、未払金といった将来支払うべき現金支出の発生も損益計上の基礎とするものです。

半発生主義は、信用取引の増加による現金主義の不合理を解消することができます。しかしながら、半発生主義では、固定資産の減価償却、貸倒引当金や修繕引当金といった引当金の計上、繰延資産の計上と償却などが行われないため、適正な期間損益計算の観点から不十分な点が残っています。


スポンサード リンク