HOME > 損益会計 > 収益会計 > 各種の収益認識基準

 

各種の収益認識基準

現行の企業会計では、収益の認識に実現主義が採用されています。実現主義による収益の認識は販売基準で行われるのが原則です。なぜなら、商品や製品を販売した時に買い手に目的物が引渡され、対価を受け取るという実現の2要件を満たすことになるからです。

しかし、今日の商取引においては、様々な形態があるため、販売基準では適切な業績評価ができない場合があります。そのため、企業会計原則では、販売基準以外の収益認識基準も認められています。

各種の収益認識基準目次

  1. 委託販売
  2. 試用販売
  3. 予約販売
  4. 割賦販売
  5. 長期請負工事
  6. 収穫基準
  7. 時間基準