HOME > 損益会計 > 収益会計 > 各種の収益認識基準 > 予約販売

 

予約販売

予約販売は、買い手から予約金を受け取って、後日商品を引渡す販売形態です。

収益認識基準

「企業会計原則注解(注6)(3)」では、予約販売の収益計上について以下のように記述されています。

予約販売については、予約金受取額のうち、決算日までに商品の引渡し又は役務の給付が完了した分だけを当期の売上高に計上し、残額は貸借対照表の負債の部に記載して次期以降に繰延べなければならない。

予約販売では、商品の引渡しよりも代金の受け取りの方が先という特徴があります。しかし、代金を受け取ったとしても、商品の引渡しが完了していない段階では売上収益を計上することはできません。売上収益が実現したといえるためには、商品の引渡しが必要となります。

なお、受け取った予約金のうち、商品の引渡しが完了していないものについては、貸借対照表の負債の部に前受金等の勘定科目で表示します。


スポンサード リンク