HOME > 各論 > 収益認識会計基準 >

 

特定の状況または取引における取り扱い

収益認識に関する会計基準の適用指針では、特定の状況または取引における取り扱いを規定しています。これは、収益認識に関する会計基準を適用する際の補足的な指針とは別に、以下の特定の状況または取引について適用される指針です(同適用指針131項)。


  1. 財またはサービスに対する保証
  2. 本人と代人の区分
  3. 追加の財またはサービスを取得するオプションの付与
  4. 顧客により行使されない権利(非行使部分)
  5. 返金が不要な契約における取引開始日の顧客からの支払
  6. ライセンスの供与
  7. 買戻契約
  8. 委託販売契約
  9. 請求済未出荷契約
  10. 顧客による検収
  11. 返品権付きの販売

PR

電子契約を始めるならfreeeサイン
税理士ドットコムで最適な税理士選び